森田敏宏先生監修|天才脳開発パーフェクトブレイン

森田敏宏先生ってどんな人?

森田敏宏

森田敏宏先生は、
東京大学医学部出身の医学博士
です。

shosho

 

東京大学医学部附属病院医師でもあり
能力開発コンサルタントとしても
活躍されています。

 

東京大学医学部附属病院では
特別選抜医療チーム
統括マネージャーとして活躍し、

 

心臓カテーテル手術を
50例から600例に増やすなど
活躍された先生なんです。
心臓

 

普通これだけ医師として
成功し活躍していたら

 

医師としてキャリアを積んでいく
イメージなんですが、

 

森田敏宏先生の能力は
これだけでは収まらなかったんですね。

 

経営者としてのセンスも抜群で、
なんと十数社の医療法人経営にも携わり、

 

しかも能力開発コンサルタントとしても
活躍なさっている
まさにスーパーな先生なんです。

 

これだけの先生ですから、
メディアにも引っ張りだこ
今までのメディア実績を上げると、

日経ビジネスアソシエ
読売新聞
NIKKEI プラス1
週間SPA
新報道2001(フジテレビ)
ミスマッチランキング(テレビ朝日)
目指せ会社の星(NHK)
GAKU-Shock(TBSラジオ)
発想の来た道(ANA)
ブロサー(テレビ朝日)

などなど
そうそうたるメディアで取り上げられた
森田敏宏先生
です。

 

もちろん森田敏宏先生は
書籍も沢山出されています。

 

森田先生書籍

「東大理Vにも受かる7つの法則」
「未来へ向かう心臓治療」
「東大ドクターが教える集中術」
「やる!と決めたことが必ず続く24の法則」
「THE働くオトコの?手帳」
「やる気と集中力の高め方」
「意識障害のある患者の理解と看護」
「第一線の専門医がやさしく答える心臓病」
「加圧するめダイエット」

これらの書籍を見るだけでも
森田敏宏先生のすごさがわかります。

天才脳開発パーフェクトブレインとは?

そんな森田敏宏先生が監修したのが
天才脳開発パーフェクトブレイン
です。

 

キャッチコピーは

 

「日本最高峰の教育機関がひた隠しにしてきた東京大学「天才脳の開発方法」が遂に流出・・・。」

 

しかもこの方法
科学的に証明された唯一の方法
というところが凄い。

 

ここまで聞くと、森田敏宏先生が
凄い人だと言うことはわかったし、

 

科学的に証明された東京大学
「天才脳の開発方法」も凄いと思うけど、
なんだか難しそうと思いますよね。

 

でもこの方法、
1日3分実行するだけ
だそうです!

 

まさに裏ワザ
とも言えるような方法なんですが、
この方法で成功した人の口コミには、

英会話習得に苦戦していた50代会社員
資格試験に苦戦していた30代専業主婦
難関高校の受験勉強に苦しむ10代中学生
仕事の成果がでなかった40代ビジネスマン
年収2000万円を目指していた30代フリーター

このような人たち3,000人以上の人が
実際に目標を達成しています。

 

しかも驚くべきことに、
この森田敏宏先生監修の
天才脳開発パーフェクトブレイン

 

6ヶ月間のサポート付き、
完全返金保証付きなのに

 

49,800円

 

で提供されていることです!
point

 

きっと数十万円するだろう
と思っていただけに、
ちょっとびっくりです。

 

しかも直接指導付きですよ!

 

さらに
10回分割払に対応してくれているので、

 

分割にすれば
月額5,000円

 

ぐらいで自分の能力を開花させる
チャンスを得ることができるんです。

 

 

>>天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】<<

天才脳開発パーフェクトブレイン口コミ

口コミ情報を見てみましょう。

もう2年前になりますが、森田先生から指導を受ける時、正直本当に自分みたいな人間が天才と同等の力を得ることが出来るのか?と不安に思っていました。ところが、成果はすぐに成果は出始めて「これは絶対いける!」そう確信したのを覚えています。

借金は雪だるま式にドンドンふくれあがり、どうしようもなくなって、もうダメかもしれないと思っていたときに、お会いしたのが森田先生でした。しかし、自分はダメだと思っていた気持ちが、5日後には完全に意識が切り替わって、自分でも成功できるんではないか?まだ諦めるのは早いんじゃないか?と思えたのです。

森田先生が教えてくれることは、人生で考えたこともない様な内容が盛りだくさんで、学ぶ度にびっくりし、発見がありました。2ヶ月経ったころ、なんとなく英語が話せるようになって、旦那が飛び上がる程びっくりしていたのがとても面白かったです。

プログラムをスタートしたときには、俗にいう社畜で彼女もおらず、毎日寂しい生活を送っていました。いまも実践していますが、あれから営業部長になり、収入もかなりアップしました
森田式プログラムで学べば学ぶ程、脳が活性化されて、次の自分に進化しているのが実感できます。

先生のプログラムに参加するまで、私はいつもどこか後ろ向きな性格で、何をやるにしても「もう爺だし、どうせ俺にはできないだろ…」と諦めていました。この歳で宅建の取得に続いて、スペイン語もマスターでき、取り組めば成果が出ることが当たり前になりました。

40歳近い男が、10年以上勤めた会社を飛び出して、月に3000円しか稼げない。
名刺の職業はフリーエージェント。今考えると情けなくて涙が出てきます。今では僕のことを先生として扱ってくれます。昔の自分の事を考えると、夢のような生活が全て手に入りました

より詳しい口コミ情報はこちらから

>>天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】<<

IQを上げる方法

まず、森田敏宏先生は
IQ180オーバーだそうです。

 

その森田敏宏先生曰く、
IQ150、偏差値75程度の頭脳なら、
年齢・性別を問わず誰でもなれる

とおっしゃっています。

 

つまりすべての人の脳は
それだけの能力を持っているのに、
皆さん方法を知らないだけなんです
と言えるところが凄い。

 

この話を聞いたときに
フォトリーディング
の話を思い出しました。

 

いわゆる速読
というやつです。

 

初めて速読を知ったときは、
ある特殊な能力を持った人ができるもの
だと思っていたんです。

 

ところが速読は
訓練で身につけることができる
んですね。

 

最近も私の周りで子供に
速読を学ばせている人が居るんですが、
速読の練習のために
図書館によく行くのだそうです。

Photoreading

普通だと、
親は子供に良書を読ませてあげたい
と本を選ぶのですが、

 

その子はすでに、
かなり速読を身につけており、

 

本を選んでいる時間より
読んでしまった方が
早いらしんです。

 

だからお気に入りはシリーズもの。
例えば江戸川乱歩とか。
古いかな。

 

こういうものだと
まとめて本を本棚からとってきて、
ざーっと読んでしまうんだとか。

 

いまでは速読・フォトリーディングは
否定する人は居ないと思います。

 

つまりなにを言いたいかというと、
IQを上げる方法
森田敏宏先生が言うようにあるんだろうな
と素直に思うんです。

 

そしてそれをまとめてくれたのがこの
天才脳開発パーフェクトブレイン
という訳です。

 

ちなみに、
東大生平均のIQは120
だそうです。
東京大学

 

それを上回るIQ150が
誰でも達成できるという
森田敏宏先生の言っていることの
凄さがわかると思います。

 

>>天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】<<

賢くなりたい・賢くなる方法が知りたい

賢くなりたい!
そういう思いは
誰しも持つものだと思います。

 

でもどうしたらいいかわからず、
いつの間にか自分はこんなもんだ
と思ってしまうケースが多い

のではないでしょうか。

 

私が大学生の時に
病院でアルバイトを
したことがあります。

 

病院の医療事務のお手伝い
をしていたのです。

 

そこである先生と親しくなり、
よく話をしてくれるようになりました。

 

あるときその先生が
教えてくれたんです。

 

本を理解するなんて簡単だよ。
1度読んでわからなければ、
2度読めばいい、

 

2度読んでわからなければ
3度読めばいい。

 

大体どんな本でも
10回も読めば理解できるよ!

 

このとき私の中で
目から鱗が落ちました。

 

今までの自分は
わからないところがあると
そこで止まって考える、

 

そのため
なかなか終わりまで行かない。

 

結局1度読み終わるころには
疲れてしまい、

 

内容も全体を理解できず
本の中身を身につけることが
できなかったんです。

 

そうではなく、
多少わからないことがあっても
1度通して読んでみる。

 

そして
2度読みしてみる。

 

今度は
もうちょっと細部にこだわる。

 

これを10回も繰り返せば
確かに、どんな本でも
理解できそうだと思ったんです。

 

繰り返しの大事さは、
どんな物事でも同じ
ですもんね。

 

これも
学び方のコツです。

コツ

IQを上げたり、
賢くなりたい
場合にも同じように、
賢くなる方法があるはず
なんです。

 

だからきっと
森田敏宏先生が言う、
天才脳を作る方法もあるんだろうな、
そう思うのです。

>>天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】<<

潜在能力を引き出す!

一般的に
人間は脳の3%程しか普段使っていない
と言われています。

 

この3%という数字や、
算出根拠には色々説があるようで、
3%という数字そのものが
正しいかどうかわかりませんが、

 

ここから推察できるでことは、
脳は普段全能力を使っていない
と言うことです。

 

つまり人は
潜在的により優れた能力をもっている
にもかかわらず、

 

それを使い切っていない
と言うことになります。

 

森田敏宏先生はこのことを指摘し、
これを引き出す方法をまとめたものが

 

天才脳開発パーフェクトブレイン

 

です。

 

集中力を高め
潜在能力を引き出すのは、

 

方法があり技術
だと言うことです。

 

私の場合は既に社会人で
社会経験も年々積み重ねているのですが、
だんだんと集中力が落ちている
そんな気がします。

 

その代わり経験値が増しているので、
集中力が落ちている分を補って、
仕事そのものは
変わらずできているようです。

 

でもきっとこのまま続けていくと、
いつか仕事が惰性になり、
思わぬ失敗をして
しまいそうな気がします。

 

実際このような失敗事例は
ニュースでもよく見聞きします。

 

慣れと集中力の欠如が、
安易な行動を導き、
結果として失敗してしまう
のです。

 

立場によっては
人を傷つけることがあるでしょうし、

 

何より自分自身が生きていて
楽しくなくなってくると思います。

 

もしこの潜在能力を引き出し、
集中力を増す方法を知っていれば、

 

残りの人生の中で
一体どれだけのことができるのだろう
と考えると、

 

この方法を身につけること
の意義がよりわかります。

 

趣味でも仕事でも、
自分の能力を最大化することで、
より人生を豊かに暮らすことができる。

 

仕事で出世を目指してもいいでしょう、
国家資格をとって
人生の道を変えてもいいでしょう、

 

趣味の世界を極めるのもいいでしょう。

 

脳の力を最大化することで
残りの人生の喜びを最大化できる

 

のではないかと思います。

 

残りの人生が例えば40年あるとします。
その40年でなにをしたいか
書き出してみるといいでしょう。

 

やりたいことは沢山あるのに、
実は40年というのは
あまり長い時間ではない
ことがわかります。

 

自分の夢を実現するための
最大の武器、

 

それは自分の能力の
最大化だと思います。

 

 

>>天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】<<